RSC Radiation Shield Consultants

ごあいさつ

わたしたちは放射線遮蔽技術の向上に貢献することを目的に設立され、
これまで中性子遮蔽技術、ガンマ線遮蔽技術の開発を中心に、
産官学に渡る幅広いネットワークを築いてまいりました。
しかしながら、原子力発電所、医療施設、航空・運輸など様々な分野におきまして開発課題は多く残されております。
わたしたちは、あらゆる生命を放射線から守ることを使命と考え、
皆様と共にさらなる放射線遮蔽技術の発展に向けて努力してまいります。

We establish our company to contribute to develop and improve technology of radiation shielding.
We have established wide network of academics, industry and public works.
Still there are many subjects to solve among nuclear power plants, medical facilities, and transportations.
Our mission is to protect lives from radiation and to develop further radiation shielding technologies.

特徴 & 取組み

当社の特徴

  • 1.透明体中性子遮蔽材に関する製法特許取得。
  • 2.透明体中性子遮蔽材の更なる進化を求めて研究・開発しております。
  • 3.当社が長年蓄積してきた透明体中性子遮蔽材の製造ノウハウを提供いたします。
  • 4.複雑形状及び性質の異なる材料での複合遮蔽構造における放射線遮蔽解析シミュレーション・評価を行います。
  • 5.お客様のご要望によっては販売促進に関するご提案も積極的に行います。

当社の取組み

  • 1.蓄積してきました技術ノウハウと人材ネットワークを生かし、お客様のご要望に適応した放射線遮蔽材の開発をいたします。
  • 2.産業・学術両面を視野に入れた技術開発コーディネーターとしての活動を展開してまいります。
  • 3.日本の優れた放射線遮蔽技術を世界に発信してまいります。
  • 4.産学に渡るネットワークを生かし、放射線遮蔽材に関する委託研究に積極的に取り組んでまいります。

Feature

  • 1. Holding patent for manufacturing method for transparent radiation shielding
  • 2. Researching and Developing for transparent radiation shielding
  • 3. Providing of manufacturing method for transparent radiation shielding
  • 4. Evaluating and analyzing radiation shielding
  • 5. Advising sales promotion

Attempts

  • 1. We develop radiation shielding to meet customer’s needs.
  • 2. We work to coordinate among academics, industry and public works.
  • 3. We promote Japanese technology for radiation shielding.
  • 4. We work together with academics and industry for researching and developing radiation shielding.

実 績

KRAFTON™ 導入実績
1.防衛省陸上自衛隊補給統制本部:2000年3月~2001年3月
   化学防護車用透明中性子遮蔽材(1560×600×60)×8/1車両
   KRAFTON-C1 24両(2000年3月)KRAFTON-C2 3両(2001年3月)
#

1999 年JCO臨界事故に際し防衛庁(当時)は陸上自衛隊化学防護車用放射線遮蔽材として当社が開発したKRAFTON™シリーズの採用を決定。現在も27 両が配備。東日本大震災に際しても、指示命令系統車両として出動。

1.For JGSD
Transparent neutron shielding plate (1560*600*60)*8 per unit for NBC Detection Vehicle Mar.2000 – Mar.2001
KRAFTON –C1 (used for 24 units) (Mar.2000)
KRAFTON –C2 (used for 3 units) (Mar.2001)

2.日本原燃株式会社:2003年5月
   対放射線カメラシステム用レンズフィルター及びボディ用遮蔽材
   レンズフィルター:KRAFTON-C2 ボディ用遮蔽材:KRAFTON-N5
#

ガンマ線・中性子同時遮蔽システムで、レンズフィルター部分は弊社が製法特許を持つ透明体中性子遮蔽材KRAFTON-C1、ボディ部分の遮蔽には、KRAFTON-XP5を使用しています。原子力研究所東海試験炉4号(JRR4)を使用し、カメラの放射線耐久テストを実施した結果、遮蔽システムの高い信頼性が確認されました。

2.For Japan Nuclear Fuel Limited
Radiation shielding material for camera and lens filter May 2003
KRAFTON –C2 (for lens filter)
KRAFTON –N5 (for camera)

3.KRAFTON™ 放射線遮蔽ハウス(セーフティハウス)
#

放射線遮蔽材KRAFTON™シリーズを使用した作業者を放射線被ばくから守るセーフティハウスです。
確かな遮蔽計算をもとに、あらゆる環境下に対応可能な放射線遮蔽ハウス・構造物など優れた遮蔽システムをご提案しております。

クラフト シェルター 設計例 #
  • ○ 遮蔽システム

    放射線遮蔽材(KRAFTON™)を建物内部の床、壁及び天井部に隠ぺい設置。

  • ○ 建物構造

    現地作業の軽減及び十分な品質の確保を目的として、建物の大部分を工場生産しクレーンで現地に設置するユニット工法とする。

  • ○ 自由設計・自由可動

    トラックで運搬可能なユニット形状とし複数ユニットを組み合わせて空間を自由にプランニング可能。

#

RSCの放射線遮蔽材は中性子・ガンマ線それぞれに対応可能な遮蔽材製品群を確立しています。ユーザーの千差万別な使用条件にお答えします。特に中性子遮蔽材に関しては透明体から高機能型まで幅広く対応しています。下部の製品比較表もクリックして参考にしてください

3.KRAFTON Radiation shielding house
The house is to protect workers from radiation.
It is made by various KRAFTON and designed to suit any environment.

主な実績

1.納入実績

  • (1)防 衛 省:陸上自衛隊化学防護車用透明体中性子遮蔽板24両分納入
  • (2)防 衛 省:陸上自衛隊化学防護車用透明体中性子遮蔽システム(二次ガンマ線遮蔽機能型3両分)
  • (3)防 衛 省:陸上自衛隊化学学校へ中性子遮蔽衝立納入
  • (4)日本原燃(株):放射性廃棄物保管容器を納入
  • (5)日本原燃(株):放射線監視カメラ用放射線防護システム(二次ガンマ線対応型)納入
  • (6)台湾電力(株):中レベル放射性廃棄物保管容器納入
  • (7)国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構:ホットセル配管用遮蔽プラグ充填工事受注
  • (8)国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構:コンクリート壁貫通孔充填工事受注
  • (9)日本核燃料開発(株):放射性廃棄物圧縮ペレット収納容器(370缶)

2.共同及び委託研究実績

  • (1)独立行政法人 海上技術安全研究所:セラミック系放射線遮蔽材の中性子及びγ線特性評価
  • (2)独立行政法人 海上技術安全研究所:ホウ素含有セラミック系放射線遮蔽材の中性子及びγ線の特性評価
  • (3)東京電力(株):ホウ素含有放射線遮蔽材と最適遮蔽システムの研究
  • (4)三菱ケミカル(株):樹脂系中性子遮蔽体の開発
  • (5)国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構:英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業(九州大学との共同研究)

1.Delivery
Ministry of Defense
Japan Nuclear Fuel Limited
Taiwan Power Company
Japan Atomic Energy Agency
Nippon Nuclear Fuel Development Co.,Ltd

2.Research
National Maritime Research Institute
Tokyo Electric Power Company
Mitsubishi Chemical Corporation
Kyusyu University

会社概要

株式会社 RSC(Radiation Shield Consultants Co.,Ltd)
資本金 :1千万円 Capital : \10,000,000
所在地 :東京都新宿区四谷1-1-6 アーバンビルサカス17 Head office : Yotsuya 1-1-6 shinjyuku-ku, Tokyo Japan
お問い合せ info@rsc-japan.jp

ダウンロード

クリックするとPDFにて詳細がご覧いただけます。